衡鵬2020年秋、太湖カウボーイ風情リゾート団健2020-11-10  ビュー:

秋の十月、さわやかな秋。年に一度の太湖カウボーイ風情リゾート団建はコロナウイルスの原因で、初めて下半期に行われました。慣例によれば、今年の太湖カウボーイ風情団建はやはりチームゲームと楽しい游びの結合を主な行程とし、全行程be happy&be joinedであります。

 バスの中で笑いが絶えず、衡鵬の新入社員と元同僚の間の氷を割る行動は乗車時からすでに始まっています。途中私達は方法を尽くして、仲間たちに自分を覚えさせるように活躍し、普段は厳しい社長の冷たいユーモアもほどよいでした。

拓展4.jpg

到着后、寮長たちの案内で早速チェックインを済ませ、昼食をとり、食事の后、本格的なトレーニングを始めました。すぐにグループに分かれて、私たちは劉教の指導の下で、複数のプロジェクトの協力と競争を行いました。まずは全体の信頼が試される項目で、前にいる仲間に自分の足で椅子をかけ、輪を作っていきます。

続いて複数のコミュニケーションプロジェクト「インセプション」です。ゲームは自分の手の中のカードに対して表現することを要求して近くから遠くまでの景物を記述することによって、順番に並べて、みんなのもっと良い表現を通じてお互いの疎通を强化させます。

拓展1.jpg

競争が最も激しいのは改善型のプロジェクトです。一巡最後まで、三つのグループは絶えず新しい方法を探して、行動パターンを改善して、記録を更新しています。

思惟盲目のプロジェクトの地雷区:通関コストの高い地雷区のプロジェクトに直面した時、3つのチームはどちらからともなく始めて難関モードを共にします。行き詰まっている中で誰かが先にみんなの思考の盲目を蹴って爆発して、3チームは協力して最后の通関を完成します。

拓展3.jpg

全体の協力は究極のプロジェクトとして、電力網を越えて、全員が一緒に「電力網」を通り抜けます。すべての人は、半メートルの幅の「電力網」の中を仲間をを持ち上げたり、担いだりしてなど外力の下で通り抜けなければなりません。途中でもし一人の仲間が接触したら戻しやり直し、また私達に推荐された陸監督は罰せられます。最後にみんなの協力のもとでやっと歩調を合わせて危険を乗り越えます。このゲームはみんなの凝集力を深めて、さらに重要なのはお互いの体重を知ることです......空は暗くなって、みんなは愉快に一日の団建活働を終えました。夜は国際慣例によって一緒に食事をしたり、トランプをしたり、温泉に入ったり、歌を歌ったりして、楽しい遊びの翌日を迎えました。

 カウボーイクラブは8時半に馬を置くツアーがあります。私達は興味を持って早起きして食事をしてから見物に行きました。案の定彼らは奔腾して、ジャンプして、喧噪して、鸣いて、威勢がよくて、すぐに乗りこなしたくなります。馬を送り出して、私たちはドラゴンボートの試合を迎えました。仲間たちは力を入れてオールを漕いで、「櫂をゆがませてやろう」と高らかに歌い上げました。

 今回の団建活動はチームとしてチームメイトを信頼しなければならないということチームが重要だと感じさせました。完璧な個人がいない、あるのは完璧なチームだけ、常に「チーム」を覚えていくべきです。ルールは重要です:ルールは知っているだけではなく、それを実行し、遵守することです。目標は重要です:任務を受けて合理的な目標を定め、合理的な計画を立てることです。資源は重要です:資源を合理的に分配し、人の適切な役割を十分に果たし、物はその役割を全うすることで。チームメンバーは上下の目標が一致させ、共に進み、自分を超えていこう!私達は衡鵬の大家族の中で一貫して人間本位、品質第一、細部重視、お客様第一行い衡鵬の既定の目標を実現するために、上下心を一つにして、努力して頑張りましょうbe happy&be joined


关注衡鹏:

著作権©1999-2024上海衡鵬企業ICP番号11051220 govicon.png沪公网安备 31010502002237号http://www.hapoin.com全権6361965666700518682694613.png