TAMURA ULF-210Rフラックス
  • 概括
  • パラメータ
  • 応用範囲
  • 資料
  • 関連製品
  • ブランド
  • ビデオ

    ULF-210R特徴:

    · はんだ付け後のフラックス残渣は淡色で殆ど残りません

    · フラックス残渣が極めて少ないので、チェッカーピン等のトラブルがあります

    · 低固形成分でもQFPやチップ間のブリッジ発生及びチップランドの不ぬれが殆どなく、はんだ付け作業性に優れております

    · 樹脂と生性成分の相溶性が良好なのでフラックス塗膜の信頼性に優れております

    ULF-210R基本特性一覧:

    カテゴリULF-210R実験方法
    外観淡黄色透明液状目視
    色数1~2JIS Z 3197(1986)
    比重(20℃)0.802±0.005JIS Z 3197(1986)
    粘度(mPa・s)3.0±1.0JIS Z 3197(1986)
    固形分含有量(%)5.0±1.0100℃,乾燥
    塩素含有量(%)0JIS Z 3197(1986)


关注衡鹏:

著作権©1999-2024上海衡鵬企業ICP番号11051220 govicon.png沪公网安备 31010502002237号http://www.hapoin.com全権6361965666700518682694613.png