TAMURA ULF-500VSフラックス
  • 概括
  • パラメータ
  • 応用範囲
  • 資料
  • 関連製品
  • ブランド
  • ビデオ

    【販売終了、替わり品LCF-030】


    ULF-500VS特徴:

    · はんだ付後のフラックス残さは、淡色で殆ど残りません

    · フラックス残さは少ないので、チェッカーピン等のトラブルを起こしません

    · 低固形成分ですが、QFPやチップ間のブリッジ発せ及びチップランドの不ぬれが殆どなく、はんだ付作業性に優れております

    · はんだつや消しタイプのフラックスですので、はんだ付後のはんだ表面は均一なつや消し状態となり、はんだ付後の検査の負担を軽減します。まフラックス残さは非腐食性で電気絶縁性に優れています


    ULF-500VS基本特性一覧:

    カテゴリULF-500VS実験方法
    外観淡黄色透明液状目視
    色数2ガードナー法
    比重(20℃)0.806JIS Z 3197(1986)
    粘度(mPa・s)3.4JIS Z 3197(1986)
    固形分含有量(%)8.6100℃,1h
    塩素含有量(%)0.04JIS Z 3197(1986)
    はんだ広がり(%)90JIS Z 3197(1986)
    銅板腐食合格JIS Z 3197(1986)

    水溶液抵抗(Ω・cm)

    1×1011以上JIS Z 3197(1986)


关注衡鹏:

著作権©1999-2024上海衡鵬企業ICP番号11051220 govicon.png沪公网安备 31010502002237号http://www.hapoin.com全権6361965666700518682694613.png