EMIC 511-Aモーダル解析用小型振動発生機
  • 概括
  • パラメータ
  • 応用範囲
  • 資料
  • 関連製品
  • ブランド
  • ビデオ

    小型振動発生機は、振動計の校正や機械インピーダンス測定など、振動解析の加振源に利用したり、小型軽量な供試品の耐振試験などに使用します。

    特に512-Dと513-D型振動発生機は、世界で初めて可動部にセラミックを採用し、30kHz(513-Dは24kHz)間での高周波の振動を可能にしました。

     

    ● 高精度な振動計の校正や機械インピーダンス測定、振動解析の加振源に。

    ● 様々なセンサー、電子・電気機器など小型軽量供試品の耐振試験に。

    ● 振動工学の基礎実験など、教育教材に。


    型式

    511-A

    加振力

    15 N (1.5kgf)

    振動数範囲

    2~5k Hz

    最大加速度

    230.7 m/s2 (23.5G)

    最大変位

    5.0 mmp-p

    最大速度

    1.26 m/s

    最大搭載質量

    -

    可動部質量

    0.065 kg

    可動部材質

    アルミニウム合金

    バネ定数

    5 N/mm

    冷却方式

    自然空冷

    質量

    4.2 kg

    対応電力増幅器

    371-A


关注衡鹏:

著作権©1999-2017上海衡鵬企業ICP番号11051220 govicon.png沪公网安备 31010502002237号http://www.hapoin.com全権6361965666700518682694613.png