MALCOM TL-12サーモロガー
  • 概括
  • パラメータ
  • 応用範囲
  • 資料
  • 関連製品
  • ブランド
  • ビデオ

    TL-12用途

    塗装用トンネル炉等のコンベア炉内を被測定物と一緒に移動しながら、炉内の 温度を一定時間間隔で計測し、記録させた耐熱型メモリユニットを出炉後、アダプタに接続すること により最長160分間の温度プロファイルを出力するシステムです。


    TL-12特徴

    ●コンベア炉を高精度、安定的、再現性よく温度管理できます。

    ●温度プロファイルが簡単、迅速に記録できます。

    ●取り扱いが非常に単純・シンプルです。

    ●各種乾燥炉の温度管理にも使用できます


    TL-12製品仕様

    項目

    仕様

    型式

    TL-12

    メモリユニット

    RCM-62

    測定温度範囲

    0~500℃

    最大計測時間

    約160分(8秒サンプリング時)

    サンプリング周期

    0.05秒、0.1秒、0.2秒、0.5秒、1.0秒、2.0秒、4.0秒、8.0秒 
      任意に設定可能

    温度精度

    ±1℃

    測定点数

    1~6ポイント

    入力

    熱電対 JIS-K 110Ω 以下

    電源

    リチウムポリマー充電池(miniUSB-Bにて充電)

    データ転送方式

    USB

    ※ 測定精度は熱電対の誤差及び基準接点温度の誤差を含みません。

    ※ 測定温度範囲および最大計測時間は耐熱性を考慮しない時間であり、リフロー炉内で測定出来る時間ではありません。


关注衡鹏:

著作権©1999-2017上海衡鵬企業ICP番号11051220 govicon.png沪公网安备 31010502002237号http://www.hapoin.com全権6361965666700518682694613.png