MALCOM RCX-GLシリーズモジュラータイプリフローチェッカー
  • 概括
  • 常用ユニット
  • 新ユニット
  • 資料
  • 関連製品
  • ブランド
  • ビデオ

    MALCOM モジュラータイプリフローチェッカー RCX-GLシリーズ

    特徴

    ・コアユニット(6ch温度測定)に必要な機能を自在に追加し構成できます。

    ・リフロー工程管理に必要な12ch温度測定・酸素濃度・カメラ・風速ユニットを用意しました。

    ・専用システムプログラムにて、酸素濃度、風速・カメラ画像を同一画面上に表示。

    ・プロファイル作成支援機能にてプロファイル条件出しが簡単です。

    ・電源は一般的な単4電池が使えるので入手・交換が簡単です。

    ・BLUETOOTHを新たに採用しワイヤレスでのデータ転送が可能です。

     

    メモリコアユニット RCX-S

    RCXシリーズの中心となる6ch温度測定ユニットです。このユニットに追加モジュールを接続します。

    ・コアユニット(6ch温度測定)に必要な機能を自在に拡張し 構成できます。

    ・リフロー工程管理に必要な温度測定に加え12ch・酸素濃度・カメラ撮影・風速各ユニットを用意しました。 

    ・専用解析プログラムにて酸素濃度・風速・カメラ動画を同一画面上に表示。 

    ・プロファイル作成支援機能にてプロファイル条件出しが簡単です。 

    ・ 電源は市販の単4電池をお使いいただけます。(二次電池も可) 

    ・BLUETOOTHを新たに採用し、ワイヤレスでのデータ転送が可能で す。 

    ・ 20個までのプロファイルを記憶可能、データ取り作業の効率を上げることが出来ます。 

    ・ 熱電対断線モニター機能により熱電対の断線に気づかず計測することが防げます。

     

    メモリコアユニット    RCX-S(SIX)

    測定温度範囲

    0~500℃  *注1

    最大計測時間

    10時間 *注1 *注2

    サンプリング周期(秒)/最大記憶時間

    0.05、0.1、0.2、0.5、1.0、2.0、4.0、8.0 任意に設定可能

    温度精度

    ±1℃

    測定点数

    1~6ポイント

    耐熱コネクタ

    ミニチュアコネクタ

    熱電対

    熱電対 JIS-K 1KΩ 以下  (0.1 10m)

    電源

    単4電池(AAA) マンガン電池、アルカリ電池、ニッケル水素電池 対応

    データ転送方式

    USB、Bluetooth

    外形寸法

    メモリコア: 幅55mm 長さ170mm   厚さ18mm  200g

    耐熱ケース: 幅65mm 長さ245mm   厚さ25mm 370g

    重量

    約570g(耐熱ケース、電池含む)

    ※ 注1 本体の耐熱時間とは異なります

    ※ 注2 表示値は、アルカリ乾電池での実験値です。最大計測時間は電池容量により変動します。

    ※ 掲載の仕様は、改良のため予告なしに変更することがありますのであらかじめご了承ください。


    12ch温度測定ユニット(RCX-T)

    ・RCX-S(コアユニット)に追加することにより12ch測定を可能とする追加 モジュールです。

    ・条件出しや評価時は多チャンネル測定、通常工程管理は6chと使い分けができます。

    12ch温度測定ユニットRCX-T(TWELVE)

    測定温度範囲

    0~500℃  *注1

    最大計測時間

    3時間   *注1 

    サンプリング周期(秒)

    0.05、0.1、0.2、0.5、1.0、2.0、4.0、8.0任意に設定可能

    温度精度

    ±1℃

    測定点数

    1~12ポイント

    耐熱コネクタ

    ミニチュアコネクタ

    熱電対

    熱電対JIS-K 1KΩ以下(φ0.1 10m)

    外形寸法

    コア: 幅55mm 長さ253mm   厚さ18mm ※ 注2

    耐熱ケース: 幅65mm 長さ328mm   厚さ25mm ※注2

    ※ 注1 本体の耐熱時間とは異なります

    ※ 注2 表示値は、アルカリ乾電池での実験値です。最大計測時間は電池容量により変動します。

    ※ 掲載の仕様は、改良のため予告なしに変更することがありますのであらかじめご了承ください。


    リフローカメラユニット(RCM-C)

    カメラ部はセパレートタイプの設計で、基板上にカメラを直接セットすることもできます。これにより、あらゆる位置の観察が可能になりました。

     

    リフローカメラユニット RCM-C

    ケーブル長

    50cm(予定)

    動画像フォーマット

    ASF(予定)

    最大録画時間

    約10分間(バッテリー、耐熱時間は含みません)

    外形寸法

    カメラ部 : 幅44mm 長さ84mm   厚さ19mm ※ 注1

    耐熱ケース: 幅65mm 長さ370mm   厚さ25mm ※注2

    ※ 注1 本体の耐熱時間とは異なります

    ※ 注2 表示値は、アルカリ乾電池での実験値です。最大計測時間は電池容量により変動します。

    ※ 掲載の仕様は、改良のため予告なしに変更することがありますのであらかじめご了承ください。

     

    酸素濃度測定ユニット(RCX-O)

    リフローチェッカーRCXシリーズの追加モジュールです。世界で唯一リフロー炉の入り口から出口までのプロファイルを測定可能。一番重要な基板位置の酸素濃度が測定できます。

    ・耐熱型なので実際に過熱状態のリフロー炉に流し酸素濃度プロファイルを 測定・記憶できます。

    ・リフローゾーンごとの酸素濃度状態を把握でき、最適な実装条件出しや装置状態の把握に役立てます。

    ・測定範囲は2タイプからお選びいただけます。

    (50~5,000ppm もしくは 1000~10000ppm)

     

    酸素濃度測定ユニットRCX-O (OXYGEN)

    最大計測時間

    ニッケル・水素充電池 :約40分

    サンプリング周期

    0.05、0.1、0.5、1.0、2.0、4.0、8.0、任意に設定可能(コアユニット<RCM-S>に同期)

    測定原理

    ジルコニア限界電流式

    測定範囲

    50ppm~5000ppm、1000~10000ppm

    測定精度

    50ppm~5000ppm ±5%FS

    1000ppm~5000ppm ±10%FS

    1000ppm~10000ppm ±5%FS

    電源

    コアユニット<RCM-S>より供給 ニッケル・水素充電池(単4電池(AAA)×3) *注3

    外形寸法

    65(W)×383(D)×25(H)(㎜) 突起物を含まず

    重量

    約950g コアユニット<RCM-S>電池含む、トレー含まず

    ※ 測定温度範囲および最大計測時間は耐熱性を考慮しない時間であり、リフロー炉内で測定出来る時間ではありません。

    ※ アルカリ乾電池とマンガン乾電池では使用できません。

    ※   掲載の仕様は、改良のため予告なしに変更することがありますのであらかじめご了承ください。

     

    風速測定ユニット(RCX-W)

    ・RCXシステムの風速プロファイルを測定する為の拡張モジュールです。

    ・生産状態と同じリフロー加熱状態で風速の測定ができます。

    ・基板上に風速センサーを設置し気になるポイントの風速プロファイルを測定できます。

    ・センサー方向を変えることで、上方向・横方向からの風速を検証できます。

    風速測定ユニットRCX-W(WIND)

    風速測定範囲

    0.1~5m/s

    測定精度

    指示値の±(5%+0.1m/s)

    サンプリング周期(秒)

    0.5秒

    測定数

    1ポイント

    外形寸法

    コア: 幅55mm 長さ210mm   厚さ18mm ※ 注1

    耐熱ケース: 幅65mm 長さ245mm   厚さ25mm ※注2

    重量

    約760g コアユニット<RCM-S>電池含む、トレー含まず

    ※ 注1 本体の耐熱時間とは異なります

    ※ 注2 表示値は、アルカリ乾電池での実験値です。最大計測時間は電池容量により変動します。

    ※ 掲載の仕様は、改良のため予告なしに変更することがありますのであらかじめご了承ください。


    TMRシステムプログラム(TMR-1)

    TMRシステムの管理ソフトとしてプロファイル予測機能を搭載、 進化を続けます。

    ・温度・酸素濃度・カメラ画像・風速をプロファイル上に同時表示。

    ・温度プロファイル予測機能によりリフロー炉設定条件を誰でも簡単に作成できます。

    ・プロファイル画面表示にOK範囲等を表示する事により、結果の確認が簡単です。


    振動センサーユニット(RCX-SV)

    リフロー炉加熱中の振動は二つのセンサーで測定

    ・実際に生産ラインの軌道振動状況を測定することができます。

    ・振動状況によって不良を分析する(リフロー炉加熱時)

    ・軌道状態や装置間の連接を確認する。

    ・風速設定による振動の変化状況

     

    無線RANユニット(RCX-R)

    実際に表示される温度曲線ユニット

    ・WIFI使用による安全、安心

    ・炉温曲線を確認しながらリフロー炉の設定の変更

    ・記憶機能を搭載したため、データ紛失しない。


关注衡鹏:

著作権©1999-2017上海衡鵬企業ICP番号11051220 govicon.png沪公网安备 31010502002237号http://www.hapoin.com全権6361965666700518682694613.png