RHESCA 5200TNはんだぬれ性試験機
  • 概括
  • パラメータ
  • 応用範囲
  • 資料
  • 関連製品
  • ブランド
  • ビデオ

    電子部品とはんだのぬれ性を時間軸で計測

    高密度実装における電子部品の小型化が急速に進展するなかで、はんだのぬれ性試験機を製造して約40年の老舗が最新の微小電子部品に対応したはんだぬれ性試験機を開発いたしました。電極面積が小さくなるのに比例してぬれ応力も小さくなります。この小さなぬれ応力から時間軸に対するはんだ付け性を評価するために開発されたソルダーチェッカ(5200TN/SAT-5200型)は、従来のリード線や電子部品の測定も可能な上、従来以上に操作性がUpしたソルダーチェッカ史上最上位機種となります。※ぬれ応力は電極の周囲長に比例します

     

    5200TN特徴

    • 1.国際規格・国内規格に対応した、はんだのぬれ評価ができます
    • 2.ウェッティングバランス法により精度の高い測定が行えます
    • 3.小球法により、0603・0402といったチップ部品の評価が行えます
    • 4.各種部品に対応したチャックをご用意しており、さまざまな形状の部品評価が行えます


    評価方法

    はんだ漕平衡法、はんだ小球平衡法、
      急加熱温法、プロファイル昇温法

    検出レンジ

    10・50mN(切替え)

    測定精度

    10μN(10mN レンジ)

    応答性(0→FS)

    140ms

    浸せき深さ

    0.01mm〜20mm

    加熱温度

    最大450℃

    オプション

    アライメントカメラ、高速度カメ

    電源

    AC100〜240V


关注衡鹏:

著作権©1999-2017上海衡鵬企業ICP番号11051220 govicon.png沪公网安备 31010502002237号http://www.hapoin.com全権6361965666700518682694613.png