CORES Core9032a平坦度測定&リフロー観察システム
  • 概括
  • パラメータ
  • 応用範囲
  • 資料
  • 関連製品
  • ブランド
  • ビデオ

    世界が認めた【コアーズデータ】

    高品質な実装部品の「証」として業界では今、1つのスタンダードが求められています。

    【コアーズデータ】とは…?

    コアーズのリフローシミュレーションシリーズを用いた、実装加熱中の部品の「反り」 「挙動」やをテストしたデータのこと。

    実装業界ではもはや「デファク ・ト スタンダード(実質的な標準規格)となっており、」国内外、数多くのセットメーカでは、コアーズデータの提出はもはや必要条件となっています!

     

    コアーズが実現した、ガラス透過式測定

    よりリアルな平坦度測定へ。

    コアーズが世界で初めて実現させた、ガラス透過式測定。

     

    表面実装部品の基本的な構造

    ● 表面実装部品は導体(金属)と絶縁体(樹脂)などで構成されています。

    ● 加熱時に樹脂部分が特にストレスを受けて形状変化が起きます。

     

    加熱時の形状変化をリアルに捉える

    表面実装部品の基板製造工程では、フロー炉による温度プロリフ イルァ (時間と温度の管理)により行われています。

    そこで表面実装部品をリフロー炉と同等の温度プロファイルで管理し、フラットなガラス面を基準とした測定をすることで、部品の実装時に起こる形状変化がリアルタイムに把握できます。

    ガラス透過式測定によってリアルな高温加熱特性が初めて測定可能になりました。


关注衡鹏:

著作権©1999-2017上海衡鵬企業ICP番号11051220 govicon.png沪公网安备 31010502002237号http://www.hapoin.com全権6361965666700518682694613.png