CORES Core9012b平坦度測定モジュール【高精度LIPタイプ】
  • 概括
  • パラメータ
  • 応用範囲
  • 資料
  • 関連製品
  • ブランド
  • ビデオ

    Core9012b高速,高精度のコプラナリティ測定を実現

    ·  JEITA規格に基づいた測定結果が取得できます。

    ·  コネクタの端子の平坦度を約5μmの精度で測定可能です。

    ·  光学顕微鏡による測定と比較して、検査時間を1/3~1/50に短縮することが可能です。

    ·  樹脂の色や端子のメッキ種類など、対象物に影響されず安定した測定が可能です。

    ·  測定ピンは1列最大100ピンまで、列は最大50列まで測定が可能です。 

     

    特長

    簡単な設定で高精度な測定

    手動測定機能

    ・重ね書き機能で、形状変化を比較

    ・測定データを基に検査シート作成

    ・グラフ波形を拡大し、データの詳細を確認

    ・測定データの保存、読み出しが可能

    ・グラフ波形や検査シートをプリントアウト

     

    自動測定機能

    ・判定値による OK/NG の自動判定

    ・検査シートを自動で作成

    ・測定データを自動保存(エクセル形式)

    ・複数の設定条件の保存、読み出しが可能

    ・最大50列×100ピンの測定

     

    インラインにも対応する高速・高精度測定

    core9012bをインラインに導入することにより、人間による振り分けミスを防止するだけではなく、画像処理で対応できないより高度な合否判定が適確・迅速に行えます。


    一般仕様

    電源

    AC 100V ±10%(50/60Hz)

    消費電力

    250VA

    駆動軸

    2軸(X-Y)5相ステッピングモ-タ

    変位センサ

    光源、 波長:半導体レ-ザ 赤色 670nm
      分解能:0.3μm
      スポット径:7μm

    質量

    本体ユニット:45kg 制御ユニット 23kg 

    外形寸法

    本体ユニット:700mm(W)×400mm(D)×358mm(H)突起部除く

    使用周囲温度

    25℃±3℃

    測定仕様

    測定距離

    X軸:100mm Y軸:45mm

    測定範囲

    ±1000μm

    精度

    ±1% of reading ±2μm

    再現性

    5μm(弊社基準片測定時)

    デ-タ取得ピッチ(コプラ)

    0.001、0.01、0.02、0.05、0.1、0.2、1.0mm 但し2、4、8mm/sは0.01mm以上
      16mm/sは0.02mm以上、30mm/sは0.05mm以上の選択

    デ-タ取得ピッチ(3D)

    0.01mm以上、0.01mm刻み(X軸は、8mm/sは0.01mm以上、
      16mm/sは0.02mm以上、30mm/sは0.05mm以上の選択

    速度測定(コプラ・3D)

    0.1mm/s、0.2mm/s、0.5mm/s、1.0mm/s、2.0mm/s、
      4.0mm/s、8.0mm/s、16.0mm/s、30.0mm/s、


关注衡鹏:

著作権©1999-2017上海衡鵬企業ICP番号11051220 govicon.png沪公网安备 31010502002237号http://www.hapoin.com全権6361965666700518682694613.png