CORES Core7102a挿抜荷重試験機【こじりタイプ】
  • 概括
  • パラメータ
  • 応用範囲
  • 資料
  • 関連製品
  • ブランド
  • 视频

     Core7102a概要:

    この装置は、コネクタやピンジャック等の挿入状態(角度・回転)を細かく設定することで「人の手の動きを再現」し、挿入時の荷重値の変化を自動で測定できる装置です。コネクタ・ピンジャック等の挿入状態の荷重特性を確認することにより、機構部分の劣化を把握、構造設計やコストの削減が可能となります。



      Core7102a仕様:

    最大荷重

    300.00N

    許容負荷

    最大荷重の 300%

    試験速度

    0.1mm/sec ~ 100.0mm/sec は 0.1mm/sec 毎の設定

    ただし、回転駆動・角度軸駆動は   10mm/sec

    測定ストローク

    駆動軸:100.0mm

    角度軸:±10.0 度

    回転軸:±45.0 度

    外形寸法

    駆動ユニット:W700mm×D430mm×H300mm(突起部除く)

    制御ユニット:W325mm×D325mm×H275mm(突起部除く)

    駆動制御ユニット:W325mm×D325mm×H275mm(突起部除く)

    質量

    駆動ユニット:30kg(こじりユニット含む)

    制御ユニット:10kg

    駆動制御ユニット:10kg

    使用周囲温度

    25℃±5℃

    電源

    AC100V ±10%(50/60Hz)

    消費電力

    約 500VA

    本体ユニット:約 30VA

    制御ユニット:約 200VA

    駆動制御ユニット:約 120VA


关注衡鹏:

著作権©1999-2017上海衡鵬企業ICP番号11051220 govicon.png沪公网安备 31010502002237号http://www.hapoin.com全権6361965666700518682694613.png